【4.初めてじゃ無いからね】駅裏 雀荘物語

出勤2日目、

雀荘ビルの3階へ上がって、ロッカールームでユニフォームに着替えていると、

同じく10時出勤のお姉さん達数人が、女子更衣室側で着替えをしている様子だった。

こちら側に、年頃の高校生がいると、知っているのか、いないのか、

そんなことはお構いなしに、

ねえ、ケイちゃん、ここ、ちょっと太ったんじゃない、

ぷよぷよ、してるよー。

ヤダー、分かる~、ホント、ヤバいよねー。

シャー、ッ、スャー、ッ。

シャツの袖に、腕を通す、衣擦(ず)れの音も聞こえる。

お姉さん方は、あちら側でほぼ丸裸なの?、、薄着で着替え中なの?、、

喫茶店ウエイトレス
喫茶セクション

毒だ。

俺には、このロッカー、ヤバすぎる。

でも、大好きだぜ、このバイトは。

朝から、むっくりさせている場合じゃないと、早々にロッカーを静かに閉めて、部屋から出て行った。

腕時計を見ると、まだちょっと早い。

昨日、ここでミッチャンにタバコを貰ったんだと思い出し、

またしても、股間がキュンとなったところで、キャスターに火をつけて一服、スー、心を静めた。

お姉さん方も、それぞれに部屋を出て来て、

俺のことなど全く気にもしてない様子で、おはようと声を掛けて下へ急いでいった。

カラン、コローン、

2階の扉を開けると、節子さんが既に出勤していた。

朝の仕事は、まず掃除から。

これは、大体どこの世界も似たようなものだ。

昨夜、この場所で、サラリーマン達が熾烈(しれつ)を極める戦いを繰り広げていたのだ。

月末も近い。

みんな、そろそろ財布の残りを何とか増やそうと必死なのだろう。

しかし、麻雀はシビアで、恐ろしい博打(ばくち)だ。

会社の仲間を、勝者と敗者に分断してしまう。

弱者は振るい落とされ、月末までひっそりと暮らし、勝者は一時だけ、その栄華に酔い痴れる。

面白い、、

カチャッ、カチャッ、ズー、カチャッ、カチャッ、ズー、

昔は、もっと早かったんだけどねえと言いながら、

牌をクルクルと回して、縦にしたり、横にしたり。

汚れた牌の拭き方は、80才越えの節子さんが教えてくれた。

タバコの脂(ヤニ)と、オヤジの汗の汚れがへばり付いた牌。

みんな本気の気合入ってたなと、昨夜の事をまた思い出した。

あ、そうだ。

後で、喫茶のみんなにお礼を言っておかないと、、

昨夜、仕事が終わってから、俺の為にみんなで歓迎会をしてくれたのだ。

店に入るなり、ビール3本ッ、大瓶よろしく。

何の躊躇もなく、キヨシさんが注文して、みんなで乾杯したけど、、

やっぱり、ちょっと大人の世界だな、ここは。

掃除が、一段落したころ、開けっ放しで空気の入れ替えをしていた扉がノックされた。

コンコン、

本日、最初のお客さんだ。

はい、どうぞ、やってますよ。

受付表に名前を書いてもらって、伝票を作ったら、

さっそく、モーニングを4つ注文してきた。

こちらのお客さんも、地方かららしく、3時間ほど新幹線待ちの時間があるという事だった。

この店に来るのは、初めてではないが、常連というほどでもないらしい。

内線で、モーニングセット(サラダとゆで卵付き)を4つ注文し終えると、

節子さんに、ノッポ君と呼ばれた。

えッ、さっきまで名前で呼んでいたのに、なんで?

って顔をしていると、

下の子達に聞いたんだよ、あだ名。

あんた、ノッポ君になったんだろ。

なったわけではありませんが、、

なにごちゃごちゃ言ってんの。

3階へ行って、倉庫から点数表とクリーナーの詰め替えを取ってきておくれよ。

了解しました。そういうのは、このノッポにお任せを。

頼んだよ。

軽快に階段を、2段、3段飛ばしで駆け上がり、

あ、そうだ、ついでにタバコ吸っていこ。

別に、雀荘の中でタバコを吸うのを禁止されたわけじゃないけど、

一応まだ高校生だし、

受付で、ぷかぷか吸うのも気が引けて、、

結構、真面目だねえ俺も、と思ったとき、、

ん、

嫌ーだッ、

持って無いもんッ、

ホントに無いんだから、

ミチコの方が貸してもらいたいくらいだよッ。

無いーッ、

バン、、ダッダッダッ、

あ、ミッチャン、

お・はよう。

ちょっとダケ目線を送って、あいさつした。

ノッポ君、、、おはよー。

ミッチャン、昨日は、ありがとう、そのー、夜の歓迎会。

ああ、あれ、

良いって、良いって、あんなの、

それより、タバコちょーだい。

あ、あぁ、いいよ。

胸のポケットに入れていたキャスターの箱を取り出すと、

大丈夫、それでいいよと、俺の咥えていたタバコを奪って、

スー、、スー、

慣れた手つきで2度程吸って、

次、返すねっ、

って言ってから、もう一度吸って置き型の灰皿の上で揉み消した。

こっちが、手を振って、いいよーという間もなく、階段を下りて行ってしまった。

その足音を聞いていたかのように、

今度は、キヨシさんが奥の物置部屋から歩いて来た。

あ、おはようございます。

それと、昨日、ありがとうございました。

今、ミッチャンにもお礼を言っていたところで、、

いいよ、あんなの、気にしなくて。

それより、ノッポ、俺にも一本くれよ。

あ、はい。どうぞ。

カチカチッ、

パッ、パッ、スー、ハー、

何だ、こんな軽いの吸ってんのか、

すみません。

まあ、いいや、ところで、、

今の話、聞こえてたか?

ミチコ、怒ってただろう?

え、怒ってはなかったけど、なんか愛想が無かった感じでしたけど、、

そうか。

なんか、あったんですか。

いや、何でもないさ、

ただの内輪揉めみたいなもんだから、と言って、

首を上下に小さく、うんうんと動かして、自分に納得させているような仕草だった。

声は、しっかりと聞こえていた。

けど、そこには触れない方が良いかなと、なんとなく思った。

おっと、あまりゆっくりもしていられない。

節子さんに怒られる。

俺、備品取りに来たんで、先に行きすねー。

おう。

こうして、お互いに仕事に戻り、昼の休憩時間までは何事もなかった。

節子さんが先で、俺が後、交代で昼の休憩を取った。

朝の出来事が気になっていたが、俺には関係のない話だ。

でも、16才のミッチャンと、キヨシさん、、40才ぐらいだろ、

付き合ってんのかなあ、、

昨日だって、原チャリの後ろで、キヨシさん抱きついてたもんなあ、

普通の関係じゃないよな。

そんなことを一人考えながら、下へ降りて行った。

雀荘の方でバイトする者は、喫茶のメニューが4掛けで注文できた。

カレーライスとかピラフが500円だったから、4割の200円で食えたのだ。

喫茶の方でバイトすると、賄い飯として、弁当以外、何でも注文して食べる事が出来た。

ちょっと不公平な感じだが、喫茶の方は女性従業員が多かったから、よく働いてもらうための会社側の作戦だったのだろう。

俺も今日は、10時始まり最終までのロングだったから、

朝、夜、ここで食うことになっていた。

喫茶に入って、一番奥の従業員用の席に座ると、ミッチャンが向かい側に座って来た。

ノッポ君、一緒に、食べよー。

あ、別に、良いけど。

飯を食ている間、聞いている音楽とか、どこに遊びに行くのとか、普通の話をした。

飯が終わって、スグに、

ねえ、ちょっと、外に出よーよ、外に、ね。

もう、言われるままだった。

ここは、駅裏のビルだったから、外に出れば駅のベンチがあって、

そこに座ると、前の自販機でミッチャンが缶コーヒーをおごってくれた。

ありがとね、付き合ってくれて。

あ、いや、別に、良いよ。

朝のさ、、話、聞こえてたん、じゃない、、

うん、まあ、

そうなんだよねー。

あのオッサン、カネ貸せって言うのよねー。

ミチコ、一人暮らししてるんだよ。

無いよー、そんなもんッ、あるわけないじゃん、ねえ。

バイトの時給、分てるくせにねー。

あー、ゴメン。

ウザイ話だよね。

あのさー、ミッチャンって、キヨシさんと付き合ってんの。

、うん、まあ、ねー。

ココのバイト長いのー、

うーん、まあまあ続いてるかな。1年ぐらい。

昨年、高一って嘘言って、始めたからさー。

バレなかったんだー。

うん、キヨシさんがいろいろ助けてくれたから、、

そうなんだー、それで、

そ、

成り行きってやつかなー、

でも、初めてじゃ無かったんだよー、私、

え、何が、、

正直、俺には刺激が強すぎて、言葉が全然出てこなかった。

そうなんだー、ばっかり言っていたような気がする。

だから、おじさんが、初めての人じゃないって話。

どうしよっかなー、これから、、

あの人、見た目はツッパてるけど、普通の人だよ。

パチンコばっかりやってる。

だから、普段は一緒にいないんだよ。

こっちは、16才だっちゅーの。

たまに、泊まりに来るだけだから。

この辺りから、話を聞いているのが恥ずかしくなって、

すぐ隣に、ミッチャンが座っていて、今日もミニスカートから太ももが見えている。

この子が、大人のキヨシさんと、付き合って、あんな事とか、、

想像してしまって、苦しかった。

そんなに好きじゃないって感じなのに、、

でも、俺に何かできるわけもないし、、

ノッポ君~ん、何考えてんの、

あー、エッチな事、考えてたんじゃないのー。

あーッ、赤くなった。

正直、顔面に火が付いたほどに、かーッと熱くなった。

もう時間だよ、戻ろう。

タバコ、もう一本吸っていこうよー。

いいよ、おれ、先行くから。

二人で座ったベンチ
2人で座ったベンチ

恥ずかしかった。

ミッチャンの事が見られずに、

その場から逃げ出して行った、ノッポ、2日目の昼休みだった。

つづく、、

 

【名前は何にする?】

にほんブログ村

タイランキング

FC2 ブログランキング

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

【ここは、重要、アフィリエイトするなら、まずドメインかな!】

【お願い】あなたのその指で、気になった広告を一つ、クリックしていただけますと幸いです。ためらわないで!

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。