レシピ、主任の作り方。

一般社員から主任さんへ昇格すると大きく変わることがある。

言うまでもなく、主任手当が支給されることだ。

割と良い会社で、月額5000円か10,000円か。

零細企業だと1000円から3000円と言うところが相場ではないだろうか。

同時に部下もついてくることが多い。零細企業でもアルバイトさんの面倒みてね、なんて言われることもザラにある。

なんや、主任って名誉職やったんかいな。

1000円は、ないやろ。

せめて、2000円。

まあ、気の毒な話である。

まして、今までは、上司に確認取って作業だけしていた彼らだ。

いきなり主任って言われても。

なぁーッ。

でも、ちょっと、気分いいかも。

第一段階終了。

翌日、山田さんから→山田主任って、人前で三回呼び止め、お願いごとをすれば、

第二段階終了。

その翌日、山田主任、昨日のやつ、あれでOK。完璧。ありがとう、助かった。

まあ、これで、だいたい出来上がります。

(コツ) 難しいことは、たのんではいけません。

後、月一でランチ(1500円〜)でもてなして、3ヶ月ほど熟成させれば、芳醇な香りのする上出来な主任さんが出来上がります。

ただし、間違っても外部研修なんかに行かせてはなりませんよ。

あなたの知らないことを教わって来てしまいます。恐ろしいことです。

ハイッ。

あなたに答えられますか。

  選択と決断の違い

  決断と覚悟のタイミング

  正しい消去法

  リスクヘッジの必要性

うッ、

そろそろお昼の時間だな。難しい事は考えずに佐藤さんとランチに行こ。

↓南無阿弥陀仏

お布施

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 戦うオヤジへ


にほんブログ村

ブラッシュモンスター

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

華奢な我が年金の肩

次の記事

言葉数