力シリーズ、切返力

切返力(きりかえしりょく)

大枠では、返答力とも呼べるこのスキル、個体のセンスがよく現れるスキルでもある。

ここ最近、うちの爺様の返答が怪しくなって来た。

己でも気付いていると見受けられ、物忘れ、やり残し、脱ぎ捨て、放棄行動らに対して、

ごまかしてくる。

思考, 思考作業, 男, 顔, 黒, 白, 目, 鼻, 手, を基づく, サポート, 熟考, じっくり考える

様々、奇怪な行動を指摘すると、

決まって、

あッ、あれは違うねん、、

と、間を取り、

そして、抜群の切返しを差してくる。

先程まで、怪しい行動をとっていた御仁とは、とても思えない素早さだ。

一例がこちらだ。

先日、薬の仕分けをチェックすると、6個のはずが8個であったり、7個が12個だったりと間違いが多くなって来た上に、飲み忘れも増えて来た。

多分、単一、単純、継続作業が苦手になって来たようだ。

やんわりと、それらのミスを指摘すると、こんな切返しがあった。

大丈夫、こっちの袋にバラがあって調節してるから、、

はッ、?

バラって何です。

7日分x8週間、56日分と数はきっちりのはずですが。

話しを聞くと、上手く仕分けられなかったハグレ薬と飲み忘れ薬が、バラ薬としてまとめられ、調節しているとの事、

まあ、何とも器用な管理方法があるものだ。

まあ、齢を重ねるとはそういう事なのだろう。

楽観的な私は、笑って対応する事にしている。

笑うにも理由があって、爺様を見ていると、まあ同じ細胞、私もいずれああ成ると考えると、何故かにこやかになれるのだ。

さて、そんな爺様の切返しを聞いて、思い出した事がある。

その昔、私がまだ、大爺様の膝の上を定宿にしていた頃の記憶だ。

ある昼下がり、大婆様と二人きりで留守番をしていると、

ピンポーンッ、

誰か来た。

大婆様が玄関で出迎えたのは、脂の効いた中年営業マンだった。

この当時は、飛び込み営業が日常的にあった時代で、布団、調理器具、保険、百科事典なんかも良く売りに来ていた。

幼少期だった為か、何の営業だったか記憶に無いが、

大婆様の切返しだけは、鮮明に覚えている。

話しを一通り聞き終えた大婆様は、こう言った。

耳が悪くて、ちっとも聞こえません。もう一回、言うておくれやす、、

営業マンは、確実にビビッた筈だ。

今、話した5分間程の説明が、全く無駄だったと告げられた上に、

もう一度言ってくれだぁ〜、

どの道、やっぱり聞こえない、

と言われる可能性に震えたに違いない。

眼前の老婆は、完全に両目を閉じて、首を少し左右に動かしている。

もはや、物を買ってくれる気配は、微塵も感じ取れない。

営業マンも、敗北を認めたのだろう、

ろくな二の句も継げないままに、また来ます〜、と出て行った。

座敷に戻った大婆様に聞いてみた。

ほんまに聞こえへんかったん?

そやなー、全然聞こえへんなーと、

即答って、

聞こえてるやん!

↓南無阿弥陀仏

おまけ

質問をよ〜く聞かないポーズ

この方を見た時も、今日の大婆様の話しを思い出したが、この右手、耳の前に有りますなあ。

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。