力シリーズ、上司(Boss)力

今年に入って、本当に働き方が変わってしまった諸氏がおられるのではないだろうか。

働き方だけならマシな方で、職業自体が変わったなんて諸氏には何とお声掛けすればよいのやら。

外食、観光、接客を伴うさまざまな産業のフロントライン別にしても、多くの内勤者や営業マンが在宅でも仕事ができることが分かった年ともなった。

加えて、在宅で仕事ができない役立たずリストもほぼ完成したと聞き及んでいる。

今回は、その辺りを優しく考察してみよう。

大手、中小零細企業にはそれぞれ上司という職業が存在する。

一般には、管理職と呼ばれいている例のヤツだ。

しかし、最近は流行の在宅ワークでは個々に能力を発揮するから、今までの様な上司業では事足りなくなって来ている。

実際、この数か月で、その事実に部下も感づいて来たし、当のご本人たちもヒシヒシとその恐怖を感じ取っているに違いない。

会社によっては、出勤率がコロナ前に戻りつつあり、上司職に就く者は、この数か月間の報告と将来見通しを聞かれるタイミングになっている。

幹部クラスのミーティングでは、この自粛期間中に正否ごちゃ混ぜのネット情報を漁った取締役たちが、上司職に問うだろう。

で、どうなんだ、部長、課長。

当面、在宅で行けるのかね、夏、秋の売上予測はどうだ、我社の人材は在宅で問題ないのかね?

要は、サボるか、サボらないか、みたいな低レベルなことを本気で聞きたいのだ。

もし私が、この会社の上司職なら、間違いなく、

あんたは、アホか、と思ってしまうだろう。

分かるかそんなもん。

外は、未曽有の出来事で、オリンピックの開催すら怪しいのに、何を言っている。

ま、こんな会社が、実際わんさかあると、これも我が耳には既に届いている。

特に課長職あたりには、この機にリストラを推進する方向性だという幹部情報が入って来るし、耳聡い女子社員がトップニュース扱いで噂して探りを入れてくる始末だ。

これまで、上司業と言えば、統括的役割が多かったから、ベテランの上司ともなると自分がいなくとも仕事が回ることを最優先取り組み課題に置いていたはずだ。

なぜ、自分も現場の仕事を一つでも担当し生産性を上げようとしないのか。

答えは、簡単である。

楽チン、だからである。

余談であるが、この「楽(らく)」という漢字、「楽(たの)しい」とも読める。

要は、同じ意味だ。

楽=楽しい、のである。

だから、彼らは、その上司職を他人を蹴散らしてでも取りに来るのだ。

そして、一度手に入れたそのポジションはそう簡単に手放したりしないのだ。

私も嘗(かつ)て、そんな楽なポジションに憧れた事もあったし、実際に手に入れた事もあった。

正直に言おう。

あれは、うっひっひ級に、楽しい職業だ。病みつきになる。

だが、今回ばかりは様子がおかしい。

どちらかと言えば、そのポジションごとなくなってしまいそうな勢いを感じるからだ。

現役の上司は、今、ビビッている。

どうするよ、住宅ローン。

まだ、半分弱残っている。

恐怖だろうな。

子供達も大きくなってきて、学費も毎年鰻上りだ。

この職業、中小だと年収で600万~800万と言ったところだろう。

慌てて、社内で聞き取り調査を開始するも、まだ出勤者は少ない。

Zoomでやりますかと主任に聞かれても、そうだなと生返事しかできない。

日々の怠りを今更悔やんでも仕方が無いが、自分もクラウドは雲の上に乗っていると考えていた口だから、どうすることもできない。

仕方ないから、嫁にでも聞こうとするが、ここでもビビッて話を切り出せない。

こっそり、子供たちに聞こうとするも、くだらない父のプライドがそれを許さない。

えーい、内弁慶は今日で卒業だッ。

なあ、Zoomって若い子も使うのか、学校とかでも習うのか?

へぇ~、なんでそんなこと聞くのと少し驚いたような中3の娘が、

ググってみれば、とアッサリ。

グルルルーッ、

一瞬、我が娘ながら握りこぶしで怒りを覚えたが、二の句が継げず退散した。

強烈な現実に、置いてきぼり感が襲ってきた。

無理だッ、分からん。

彼らは、在宅でちゃんと働いているのだろうか。

あー、自分が部下だったころが懐かしい。

上司に居酒屋でご馳走になりながら、夢について語ったあの時代。

海外がまだまだ遠かった時代。国際派と言われた上司は、己が海外での体験を熱く語ってくれたし、これからの若者はもっともっと海外に目を向けなくちゃいかんとアドバイスをしてくれた。

時流と言えばそうだったのだろう。海外戦略の成功で会社の景気も悪くなかった。

特段疑うこともなく、その通りだと海外戦略の勉強もした。

俺は英語だ、いや中国語だと、会社帰りに語学のレッスンに通った日が懐かしい。

それなり頑張ったよな。

しかし、今やグローバル社会も更なる進化の中にある。一昔前の海外戦略なんかまったく通用しなくなってきている。

この後は、出張の回数が減って、海外ともオンラインでの会議が増えるだろう。

それで、事が足りてしまうのだ。

よーし、苦しい時こそ家族が頼りだ。

内弁慶を封印しよう。

いやいや、その前に、

まずは、「ククレカレー」、ん違うな、「ググれ」って打ち込んでみようか。

 

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』


にほんブログ村

タイランキング

FC2 ブログランキング

【ここは、重要、アフィリエイトするなら、まずドメインかな!】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。