不可思議事件簿、落とし物、中間報2、ATMタイランド

この類のテーマ、書いていると金運でも上昇するのか。

また、お宝が近づいて来ている。

昨日、万札まで使えるとある機械で、お釣りの千円札がパタパタ風に揺れていたのだ。

この体験、私の前に一人挟んでの出来事なれど、あまりにもタイムリーである。

ひょっとして、世の中こんな事が日常的に起こっていて、私だけが知らないのだろうか、、

いや、そんな筈は無い。

もしそうなら、徘徊を生業にする人がもっとたくさんいて良さそうなものだが、これまで特に縄張り侵入を咎められた事はない。

うーむ、確信が持てないな、みんなこっそり徘徊しているのだろうか。少し検証してみる必要があるな。

まあ良い、それはちょっと置いといて本題へ入ろう。

前回は、国内ATMの落とし物紛いの忘れ物の話しだったが、今回は海外での話だ。

ストーリーが3つあるから、順番に行こう。

その1、ATM、タイランド

ある日、高架鉄道(BTS)の駅に両替にやって来た。記憶が正しければ、エカマイ駅だった筈。

と言うのも、この駅の両替屋(今はもう無い)は、換金レートが良かったから贔屓にさせてもらっていた。

で、そのある日、いつもの両替屋に歩を進めていると、視線の先に、舌の様なものを出した、赤いATMが笑い掛けているのが見えた。

ほー、ATMの着ぐるみさんか、、

暑いのにご苦労なことだ。

更に進んで、

ん、違う、着ぐるみATMじゃないな、

でも、何か変だ。

私の違和感センサーが敏感に反応している。

出しているのは、舌じゃない、神だ、いや、紙だ。

それも、ただの紙じゃない。王様の顔が書いてある、あれだ。

おさつ、お札だッ。

更に、一歩進めて右、左、、

確認ついでに、クルリと回って後ろも確認だ。

今や、違和感センサーのみならず、鼓動センサーが激しく鳴り響き、頭の中で赤色灯がグルグル周り出している。

落ち着け、急げ、慌てるな、

命令中枢が壊れ出したか、

一息入れろ、過呼吸気味だッ、

お宝は目の前じゃないかー。

クーッ、あの感じ、だいぶある、嬉しいのか一瞬見上げてしまった。

ついでに言うと、股間はバッキューんッ、ってなってた。

一枚二枚じゃないんべなーって、何語だ、

舌が、いや紙が、いや札が、いっぱい、ある〜、

いや〜ん、フィーバー!!

ぐわッ、分厚ッィ、なんぼある、、、

ドッキリか、

まさか、ここはタイランド、

されど、ここはタイランド、

なんでもありな国だ、

取り敢えず、一息入れるが、さっきから入れっぱなしで、、

うッぷ、

一回吐かなければ次が吸い込めない、

ふーッ。

右、左、札を握ってもう一周?

こらー、踊るなッ、俺。

恥ずいが、微笑みが溢れてしまう、、

そう、ここは微笑みの国タイランド、仏教国でお布施がお盛んな国柄、

遂に、私も仏になったかぁ、、

どなたか存じませぬが、奇特な方だ。

数えてみると、18枚の1000バーツ紙幣。

1000バーツが、3600円ぐらいなので、、

おぉーッ、

いっぱいだ。

次は、カナダの話しだが、

今日はやめておこうじゃないか、、

つづく、、

↓南無阿弥陀仏

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

エルセーヌ

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。