不可思議事件簿、人生初勝負、挑戦状

兄との決戦を前に、徐々に実力を増す我が泳力。

面被クロールでかなり躓(つまず)き、涙を啜ったが、

えら呼吸を習得出来そうなくらい塩素水を腹に納めた事で、身体が一回り大きくなった。

フッ、これでまた勝利へ一歩近づいたかッ。

しかし、未だ面被クロールとの戦いを続けている。

克服出来るのか。

一進一退の進捗状況に突破口が見つから無い。

何とか、自らの推進力で浮力を確保出来るようになったが、どうも息継ぎが出来ない。

相も変わらず、口から大量の水が流れ込んでくる。

ガブガブ、ヒーッ、

ん?

口を開ける=水を飲む

あーッ!

7才の俊傑は、ついに、突破口のヒントを見つけたようである。

単純だった。

口を開け無い=水を飲まない。

Very good!!

想像通りだ。

しばらくの間、この大発見に酔いしれ、試みては列に並んで、再挑戦の繰り返し。

あっと言う間に、自分のものになって来た。

5mが、10mに、そして、15mぐらいは、行けるようになって来た。

決戦は近い、

身体が、戦いを望んでいる。

待て待て、まだだ。

15mを数回こなしたに過ぎない。

目標の25mは、まだ先だ。

来る日も来る日も、面被ったままのクロールの練習、

既に、息継ぎは捨てている。

うーん、何度か20mまではやって来た。

しかし、息継ぎ無しだと、15mを超える辺りから、やたらと股間が悲鳴を上げて来る。

漏れそうな感覚に襲われる。

時には、括約筋すらモゾついて来る。

ダメだ。

命懸けで思い付いた独自の克服法だが、もう一息が続かない。

水泳教室は、もうすぐ終わる。

時間が無い、間に合うのか、25m。

とにかく、あと一息で向こう側の壁に、手が、届いた、、

ッ、シャーーッ、

ウゲウゲ、ふー。

やった、ついに自分の世界を克服したのだ。

恐ろしい程の達成感だ。

全身が震えている。

その後、何度か失敗はあるが、成功確率が50%を超えて来た。

行ける。

逸る気持ちを抑えられない。

よしッ、今夜、決行、挑戦状だ。

つづく、、

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。