不可思議事件簿、ブランド名

エルメス、モンブラン、ルイ・ヴィトン、ダンヒル、バーバリー、コーチ、、

数え出したらキリはあるが、結構な数があるブランド名。

空港でよく目にするが、あまり興味はない。

しかし、そんな私も、こと食材に関しては、少し反応してしまう。

口から入れて、身体の素になるわけだから、可能なら安全且つ安価で、旨いに越したことはない。

昔、ステーキ、すき焼きと言えば、ご馳走の代名詞だった。

立食いステーキなど、会話が成り立たない程、邪道だった時代だ。

当時は、ステーキと聞いただけで、心が踊り、外国の風が身体の中を吹き抜けた程だ。

松坂牛、神戸ビーフ、、

耳にした瞬間、パブロフの犬と化し、まだ、松坂も神戸も食ったことがないのに、だらりとヨダレが出たものだ。

そんなブランド牛も、今や数が増えている。

佐賀牛、宮崎牛、近江牛、但馬牛、米沢牛、飛騨牛、常陸牛、仙台牛、前沢牛、、

最近は、これらのブランド牛も目にする機会が増えた。

まだまだある、

上州和牛、石垣牛、びらとり和牛、福島牛、信州牛、、

調べると47都道府県、全てにブランド牛なるものが存在している。

以前からあったのだろうか、目にする機会は少なかった。

読者諸氏、如何であろうか、

私は、◯◯牛と書かれただけで、美味しいさがアップするんだが、、

産地を書かれるだけで、2、3割増しになる。

料理とは、実に奥が深い。

元の味は同じでも、店作り、皿、音、季節、、

多様な刺激で味が変わる。

客寄せの広告も然り、

野菜ソムリエ厳選、バーニャカウダ!

三つ星シェフ監修、地中海フェアー、海鮮食べ放題!!

最近は、産地だけでなく、生産者まで記載されている。

野菜のパックに農家さん👨‍🌾の楽しそうな写真付き。

買い物をして自然や田舎を感じられるから、割と好きな演出だ。

しかし、このまま時代が進むと、

ビルの中にある水耕栽培施設の写真と、無農薬、管理者はAIのトーマス君です、とパックに書かれているのだろうか。

私が知らないだけで、既に現実的な話かもしれないが、、

果たして、どんな味がするんだろうか?

諸氏に今一度、問い掛けよう、

北海道オホーツクあばしり和牛

このブランド名で、グッと、興味が湧いたのは、私だけだろうか。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。