衝撃事件簿、ジャムの一生

時は流れ、季節は進む。

今日、シーズン初の柿を食した。

購入した時点で、熟れ加減が著しく進んだ個体であった為、皮を剥く作業は困難を極めた。

部分的に、完熟の向こう側、ぐじゅぐじゅで、手の平から櫁が垂れる。

何とか、皿に盛り付けて見るが、とても柿の切身には見えない。

自重でどんどん皿へ広がって、柿の海と化している。

とにかく、早く口へ運んでくれと悲鳴を上げている。

仕方ないッ、

啜り込んであげよう、

ズルーッ、

ズッ、ズボッ、チャッ、ッ。

最後の、ッ、は指を舐める音だ。

さて、本題に入ろう。

このドロドロ柿を食して、ある悲しい記憶が蘇って来たので、報告しておきたい。

あれは、今日と同じような秋風感じる、日曜日だった。

友と共にマーケットを徘徊していると、とても安価なぶどう🍇を発見した。

1kg=NZ $1.99ドル、ぐらいだった。

一つ摘んでみると、思いの外甘い。

色違いを合わせて7、8kgも購入してしまった。

友と分け合ったが、己が取り分は割と多い。

気持ちは、固まった。

今日は1日、ジャム作りに費やそう。

ご存知の諸氏がいらっしゃるかもしれないが、葡萄ジャムを作るには、時間が掛かる。

帰宅後1時間、丁寧に下処理を施し、ぶどうを鍋に入れて火にかけた。

当時のコンロは、電熱で、こんな感じ👇👇👇

(イメージお借りしております。)

グツグツ、グラグラ、くーるくるッ、

んーッ、まだだ。

時を待つ間、ゆっくりと読んだ時代小説、上下巻を読破した。

夕刻6時、遂に、

色、艶、匂い、肌触り、見た目、

全てに置いて、我が感性を満たしてくれる逸品に仕上がった。

早起き、ショッピング、読書と料理、、

我ながら、ゆっくりとした、オータムサンデーを過ごしたものだ。

さて、味見、、

パンをトースターにかけて、バターを取り出して、、

ジャムの鍋をこのままにしていると、渦巻きコンロの余熱で焦がしてしまう。

鍋を持ち上げ、置場を変える。

うわッ、うーーわッ、

何ーッ、

片手鍋を持ち上げ、地上30cm程であったろうか、

片手鍋の、手が、取れたのだ。

完全に、分断され、

手には、取っ手だけが、軽々しく持ち上がり、

眼下には、

180度、反転して、

渦巻きコンロの上に、

見事に着地した、葡萄鍋のケツが、

早く、何とかしてと、ヘルプミー、、

ばンッ、

トーストが焼き上がった。

音に反応して、一瞬トースターに目をやるが、

それどころじゃない、、

鍋を掴みかけて、気付く、

この鍋は、熱い。

咄嗟に手にした、フォークで鍋をひっくり返した。

あー、あー、あーッ、

ジャムが、あわわッ、

渦巻きコンロの中に、吸い込まれる様に垂れ落ちて行く。

その光景は、ブラックホールに吸い込まれる渦巻き銀河のようだ。

パニックになっているのか、流れ落ちるジャムを、また手で掬おうとして、思い留まった。

熱々ですよ。

かーッ、

灼熱のジャムを目の前に、なすすべも無く、だだ茫然と、、

何とか対処できたのは、

焼き上がったトーストで掬い取った、一枚分の葡萄ジャム。

美味かった。

誰かに食ってもらいたかった。

しかし、今となっては、後の祭りだ。

バターは、塗ってないが、少し塩が効いているのは、

きっと、己が涙で味付けしたせいだろう。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。