不可解事件簿、老人とバス

本日、とある老人が喚(わめ)き出した。

そこそこ混雑しているバス車中の話しだ。

ふんッ、

右手で、ちょっと通してくれッ、、

左手で、どいてくれッ、

運転手目掛けて、ガチで進んで行くご老体の足取りは、ガッチリと車床を踏みしめている。

(画像はイメージです。)

おいッ、運転手ッ、

毒のある呼び方だ。

お前の運転の仕方が悪いから、

お前がわざとブレーキを踏んだから、

こけてしまったじゃないかッ、

お前は、我々老人に怪我をさせるつもりか、、

まあ、元気な口調で雑言を吐き出した。

しばらくは、周囲の客も老人の文句かと聞き流していたが、

老人の次の言葉に、後部座席の数人が反応した。

老人曰く、運転の仕方が悪いから、こけてしまった、と言うのだ。

えーッ、お爺さん、こけてない、やん。

その囁きに、前方座席が振り返る。

どっちがホンマやねん、、、

その振り向きに、後部座席が互いに見合い、こけてない、と頭中の合意文書にサインして、一人が首を振る。

その首が、左から右へ振られたと同時に、運転手がマイク越しに問いかけた。

お客さん、こけたんですか、お怪我はありませんか。

こりゃ、高度なマニュアルだなと感じたのは、私だけではあるまい。

その証拠に、私は運転手が後部座席と前方座席のやり取りをバックミラー越しに見ていたのをハッキリと視認している。

以前に述べたが、私は観察とチェックが好きで、田舎の警察官と同等、もしくは、ちょっと下の力量と自負している。

私の座席は、老人の右、真横反対側に、立ち客一人を挟んで、2人掛け左側に着座していた。

真実をお伝えしよう。

爺さんは、こけていない!

運転手の注意喚起を完全に無視し、バス走行中に立ち上がり、自席下部の脚に、己が足を引っ掛けて少しよろけただけである。

それを、数人の客に気遣われ、あぶないッ、と言われた為に、恥ずかしさを隠そうとして、

よろめいた次の一歩を、グッと前方の運転手に照準を合わせてしまっただけだ。

自分が悪いのを隠したい。

勢い余った老人は、ここから前出の悪態をつくのである。

この状況を殆どの乗客が理解していたはずだ。

運転手は、しばらく言わせて、一呼吸入れた老人に、丁寧に対応する。

やはり、決まり文句で、

お怪我はありませんか。

老人は、こけてないから外傷はない。

バツの悪い爺さんは、頭が切れる。

今度は、他人には計り知れない、痛みを訴え出した。

痛たたーッ、

あー、痛い、、

えーッ、乗客皆で呆れ返った。

まるで、吉本新喜劇だ。

既に、イラつき始めている他のご老人が睨み付けている。

おッと、こりゃ、バトルに発展するかぁ、、

その間、バスは最寄りのバス停に停車している。

5分を超えて、痛みを訴え出す老人に運転手が業を煮やして、

分かりましたッ、

そんなに痛いのなら、救急車呼びましょう、と、

ヘッドフォンのマイクを握った。

同時にセンターへ連絡を入れる。

このバス停は、車庫に近い。

速攻で、別の乗務員が2名飛んできた。

運転手は、アナウンスを入れる。

えーッ、只今、乗客に急病人が出ましたので、他の乗客の皆さんは、一旦降車していただいて、後ろのバスにお乗り換え下さい。

ホンマかッ、

こんな聞き分けのない、確信犯の為に、皆んなが犠牲になるのか、、、

ジジイは、二人の乗務員に抱えられて、救急車など要らないと吠えている。

さっきまで、痛くて動けない、と言っていた爺さんは、困り顔で逃げようとしている。

仕方なくバスを降ろされる事になった一人の御老体が、運転手に声を掛けて、ステップを降りる。

あの爺さん、よろけて頭打ちよったから、絶対救急車呼んでやってや、、

はい。

運転手は、緊急コールをマイクで告げる。

他の客は、何も言わずに降りて行く、、

んー、、

最後まで、観察を続けた私は、なんとも言えない気持ちになった。

爺さん、こけてないし、頭も打って無い。伝えるタイミングが無く、降りて行った方々の後ろ姿を眺めながら、

エピローグの無い小説の様だなと考えながら、後ろのバスに乗り込んだ。

窓越しに、救急車の赤色灯が、クルクル回りながら近づいて来るのが見えたが、音は消したままだった。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

ストレスライフ