不可解事件簿、高校野球、球児の汗の向こう側

甲子園での高校野球、

暑い夏の風物詩が始まった。

全国高等学校野球選手権大会

(神戸新聞Nextの写真です。)

今年度は、3730校が地方大会に参加し、日本一を目指して戦っている。

選手権大会は、まさに一発勝負。負けたら終わりの面白さがあるから、大好きだ。

調子が悪い、ぐじ運が悪かった、誤審、もう一回やらせてくれたら、、

何れも、許されないシビアな真剣勝負。

観客が興奮するのも頷ける。

しかし、この3730校の中に、部員不足による複数校連合チームが86チームもあることは、ほとんど知られていない。

因みに、参加校がピークだったのは、16年前(85回大会)の4163校とのことだ。

少子化の波は、あらゆる日常生活に忍び寄り、築き上げた文化と歴史を新しく塗り替えようとしているらしい。

連合チームが甲子園出場すれば、アルプススタンドが複数校の学生服で彩られ、ブラスバンド部も他校との連合チーム。

日本人が大好きな助け合い高校野球って感じがするが、既に現実のものとなっている。

一つ言えることは、この連合チームのピッチャーは、きっと大黒柱的一人だろう。

連投に次ぐ、連投になる。

球数もクソもない。

球児達の、真剣な汗だく姿に一喜一憂することだろう。

実に心を打たれる瞬間だ。

残念ながら、この瞬間に彼の肩の故障を心配するよりも、

頑張れーッ、と応援してしまうのだ。

それが、私達が作り上げて来た高校野球の美しさであり、求めている姿だ。

心に響く、様々な感動をくれる高校野球が好きなはずだ。

昭和の頃、高校野球観戦を通して、都道府県に関しての様々な情報が聞けるのは、楽しみの一つであった。

先日、お中元に、豊見城産マンゴーをいただいた。

地名から、直ぐにピンッと来た。

沖縄県だ!

沖縄県豊見城高校、70年代後半に甲子園常連校として活躍されており、しっかりと記憶にある。

近い将来、

•ピッチャーは、球数制限100球。

•バッターは、全身をプロテクターで身を包んだロボコップ見たいな姿。

•気温35度以上で試合中断。

こんなルールの高校野球になったら、楽しいのであろうか。

心配だが、きっと新しい感動は紡がれて行くのであろう。

中には、そんなもの高校野球じゃないッ、とお怒りの方もおられるだろう、

しかし、どうか、安心めされ、

既に、そこは、冥土のアルプススタンドだ。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。