【6.一日8回、オットセイ部長】駅裏 雀荘物語

高校生には、ちょっと珍しい、雀荘でのバイト。

学校の友達には未だ何も言っていなかった。

たぶん、この週末の出来事をみんなに話せばスーパーヒーローになれる自信があった。

ちょっと前には、M子(推定90)の隣の席になったことを級友たちと心の底から喜んでいたのに、

今の俺は、

確実に、彼らの一歩前を進んでいる。

それほどにインパクトの強い、金曜、土曜だったのだ。

俺は、この二日間で、確実に成長した。

ミッチャンの口紅の付いたタバコも、太もものピチッン、パッチンも、もう大人のそれだったし、

衣擦れの音で俺を魅了するリョウ子さんは、

腰をグラインドさせて、タバコを吸っていた。

これだけでも、大人になったような気分だ。

見るもの、聞くもの、触れるもの、、

高二の俺は、全身の感性を研ぎ澄ませて、大人の息吹を感じ取っていた。

バイトの仕事はさして難しいものではなかった。

基本、お客さんの世話をしていれば良かったし、

特に声が掛からなければ、客のやっている麻雀を後ろから眺めていても構わなかった。

トイレに立つ客が頼めば、牌積み、配牌、リー牌(13枚の牌を整理整頓)までやってあげれば良かった。

熱戦の終わった卓は、灰皿や牌を綺麗にして、

後は、コーヒーや食事の注文を取って運ぶだけだった。

2日のやればコツは掴めたし、後は、例外的な出来事の対処法を覚えれば大体OKと言ったところだ。

これまでも、いくつかのバイト経験があったから、

忙しい職場の雰囲気の中で、機転を利かせて働くことには慣れていた。

今日は、日曜日。バイト三日目の朝だ。

出勤は10時からで、遅刻しない様に、、

いや、嘘だ、

ひょっとしてまた良い事があるんじゃないかと、

9:45分には着替えを済ませてロッカー前でタバコを吸っていた。

日曜も喫茶の方は、朝の7時から開いており、数人の女性が既に働いていた。

しばらくすると、10時シフトのリョウ子さんが上がって来た。

あ、ノッポ、おはよー、そっちも10時から、

はい、そうです。

じゃーちょっと待ってて、私も一本吸ってくよ。

でも、覗いちゃダメよ。まだ、嫁入り前なんだからー。

あ、はい。

ただ、黙って聞いていた。

リョウ子さんは、変わった人だ。

一人で話して、一人で落として、去っていく。

月光仮面のおじさんじゃあるまいし、、

でも、女だからケッコウ仮面ってとこだな、と妙に納得してしまった。

美人なのに、エロくて気さく、まさに、

今日も、女子更衣室から衣擦れの音を響かせているリョウ子仮面。

出て来た時も、最後の胸のボタンをはめながらだった。

この喫煙場所、立ち位置によっては、女子更衣室の真ん前、

今まさに、俺はそこに立っていて、ボタンをはめるリョウ子仮面の手の隙間から、

シャツの中の紫色のあの一部がチラリと見えて、

股間がキュンッと小さな音を立ててしまったから目を伏せた。

フフッ、ぜったい、このバイトお買い得やッ。

読者諸氏の中には、お気付きの方がいらっしゃるかもしれないが、

私は、衝撃を受けた時、「股間がキュンとする」時には「ギュンギュンッとする」と描写するが、

それは、この年の頃に身に付けていった雄の条件反射の一つだったのだ。

決して、面白半分で書いている訳ではなかったのだ。念のために。

さて、タバコを揉み消して三日目開始の気合を入れた。

昨日、1時間早く退社して行った不倫マダムは、日曜日で休みだった。

喫茶の方では、その話で持ち切りのようだった。

雀荘の方は、俺の事を面接してくれた、あの強面、島崎課長が朝番担当だった。

野上、お前、何か知らんか、

朝から下のやつらがやたらと騒いでんだがなあ、

えッ、いや、俺は、、

詳しくは知りませんが、、

なんだよ、詳しくはって、

知ってそうじゃないか。

たぶん、部長さんの事ではないかなと、、思いますが、、

部長、

なんだそりゃ、なんで下のやつらが部長の事で、、

言い間違えたかもしれない。

あ、いえ、そのー、部長さんというか、マダムさんのことじゃないかと、、

なんだ、マダムさんって。

正直、課長は何も知らない様子だった。

雀荘も担当するが、普段は別の仕事がメインで外での勤務が多いらしい。

話を小出しにすると、かえって分かりにくい。

ここは、自分の知っている事を全部伝えることにした。

課長はしばらく話を聞いていて、

そーかあ、分かった。

アイツ、またやってんのか。

島崎課長は、部長について少し教えてくれた。

部長さんの名前は、山城善三(ぜんぞう)と言って、この会社の三男坊という事だった。

アイツは、俺と同期だが、入社してスグ課長様のお坊ちゃんよ。

仕事はできるヤツだが、まあオーナー様一族、身分が違う。

で、マダムって、あの五月みどりだろ、こんな感じの。

課長は、両手を胸の辺りで大きく丸く作って揺さぶった。

あ、はい。

山城のヤツ、またボインに手出しやがって。

アイツは、昔っからそうだったんだ。

ちょっと年増のボインちゃんが大好きなんだよ。

けど、アイツは凄いぞ、

学生の頃は、オットセイの雌(メス)が逃げ帰るって噂だったからな。

一日8回x3日連続が最高と記録を自慢していたからなッ、やつぁ。

ちょっと、真似ができない強さだよ。

その上、麻雀がまた滅法強い。

この辺りじゃまず負けない。

それに徹マンみたいな持久戦が得意で、休憩なしのオットセイ戦法よ、並みじゃ勝てねーよ。

だが、奴は、仕事もサボらず、結構やるぜ。

ここの雀荘、公務員が多いだろう。

それも、アイツの仕事さ。

常連客のほとんどは、奴が取って来たのばっかりだ。

もちろん親父の顔もあるが、仕事はできるんだよ。

ただ、女癖が悪いし、趣味も悪い。

まぁ、ほっとけ。

そのマダムとか言うのも、直に辞める事になるだろうから。

課長さんの話は面白かった。

めっちゃ大人な話で、ついていけなかったけど、

オットセイ部長の話に興味が湧いてしまった。

8回かあ、すごいなあ、、

麻雀では勝てそうも無いけど、回数なら、俺だって、きっと、、

よーし、

つづく、、

 

【名前は何にする?】

にほんブログ村

タイランキング

FC2 ブログランキング

<映画・アニメ・ドラマ見放題・音楽や漫画も宅配レンタル>30日間無料!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

【ここは、重要、アフィリエイトするなら、まずドメインかな!】

【お願い】お帰りの際は、マウスや指の調子を確認するために、広告をですね、一つ、二つクリックするのが良いでしょう。

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。