シビれる仮説と当たらない予測

仮説、辞書に尋ねると、

ある現象を合理的に説明するため、仮に立てる説。とある。

管理職になって1〜 2年もすると、業務や営業に置いて一足先を読む力が求められる。

能力の有無はさておき、個々の性格が大きくものを言う。

大きな声で自信を持って自説を唱えられると、なんとなく信用性が増すのである。まして、数字を織り交ぜて説明されると、その信用度がグッと上がるのだ。

かく言う私は、声が大きく数字が好きだ。

仮説を立てる人の特徴は、いくつかの仮説を立てて、消去法を使い、最後の1本に絞り込むことが多いように思う。

当然、できる管理職は、数ある経験則から同じような現象を思い起こし、この仮説でほぼ乗り切れる、となるわけだ。

しかしながら、初めて出くわす問題については、全く自信は無いのだ。

それを、あたかもこれが正解と言わんばかりの口ぶりで、呪文のように、大丈夫だ、と唱えるのが中間管理職の常である。

このときの気持ちを察してもらいたい。

当れーい、おねがい。🙏

仮説には自信がないのである。それを部下に命令し業務を遂行させる。

結果を待つ、この間がなんともシビれまくるのだ。

どんなに能力のない上司であれ、グループを束ね部下に命令し業務を遂行すれば、何某かの答えは出るのである。しかし100%以上のパフォーマンスを見せようとすると、やはり仮説力がものを言う。

しびれる理由にもう一つある。

仮説とは、現実が後から追いついて来る現象で、ツボにハマると、時間を我が物とした様な感覚に陥り、震えてシビれて、股間がキュッとなるのである。

さて、似て非なる予測を見ていこう。

予測、辞書に訊ねると、

[名](スル)事の成り行きや結果を前もっておしはかること。また、その内容。「10年後の人口を予測する」とある。

1975年頃に松下幸之助さんが書かれた本の一説に、将来日本の人口が3億人を超える、と予測されていた。皆さんもご存知の通り彼は商売の神様です。

 

しかし、その神様でも、ほんの少し先の予測も難事となるのである。

仮説はしびれます。

でも、

予測は当たりません。

それが証拠に、本日のダービー予測は、1-4、4-6、だ。

あと数時間すれば、この予測が当たらないことを実証できる。

これでやっと、幸之助さんに追いつけるのだ。

↓南無阿弥陀仏

お布施

おもしろ日記ランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

会員数200万人突破のポイントサイト【ポイントインカム】

↑これでしょ? 最速ポイントサービス

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。