言葉数

天に輝く星の数は億千万と、数え切れない。

若い頃、天を見上げて、この数に勝るものが存在するのか、よく考えたものだ。

うーん、何やらロマンチック。

しかし、巷に溢れるブログの数を見るに、言葉の紡ぎも、また、夢の数だけあるのかもしれない。

うぉーッ、益々、ロマンチックだ。

どうした、今日の俺。ちょっと酔ってるか。

ハイッ、日高屋のオールタイム祭り、生ビール290円は、期間限定だ。

さ、話を戻そう。

これまで、言葉という技が発明されて、どのくらいの時間が経ったのだろう。

そして、どのくらいの言葉が紡がれ、私達の記憶に残されて来たのか。

考えただけで、股間がキュンとなる。

この文章を書いている私、読んでいる皆、この後、明日は、何を書こうとしている、いらっしゃる。

その創造性を考えると、震えて来る。

五十音の調べに、句読点。濁音、伸び音、止まり音。

なんと、無限の可能性か。

この数の前では、何ごとも小さく映る。

今日の嫌な出来事も、言葉に包んで投稿すれば、マイペンライ。

Tomorrow is another day.

明日も書くぞ、星に例えて

↓南無阿弥陀仏

お布施

にほんブログ村 その他日記ブログへ


にほんブログ村

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

レシピ、主任の作り方。

次の記事

ブラックリスナー