力シリーズ、コミュニケーション力、海外出張重要5スキル、妥協力

遂に、最終回を迎える、海外出張での重要スキルの話し。

もう、サクッと終わっとこうよ。

でも、おさらいは大切だ。

「海外出張、重要5スキル」

1、空港読解力

2、移動力

3、食事力

4、微笑力

5、妥協力

うーん、やはり、どれもこれも超重要なスキルだ、英語力のそれなどが霞んで見える。

では、はじまりはじまり、、

妥協力

このスキル、どうしても身に付けるのが困難な方がいる。

真面目な方、几帳面な方、グループワークが好きな方、熱血漢、理想の上司を求める変な人、、

まずこんな方達には、このスキルの上達は無理だろう。

反対に、ええ加減な方、不真面目な方、不器用な方、無計画な方、アドリブが好きな方、冷静な方、上司に期待しない方、

こんな方々には、端から能力が備わっており、

ラッキーだ。

海外における妥協とは、

予期せぬ状況が連続的に襲いかかってくるが、

気にするな、と同意語で、

あり得ない、と言う言葉をも受け入れ愛でる度量の事だ。

間違っても、興奮してはいけない。

例えば、

1、明らかに遠回りしているタクシー

↑道中の景色を楽しみます。

2、コーヒーを注文すると紅茶が来た

↑次また注文すれば良い。

3、アポの時間に誰も来ていない

↑君が一番だ。

4、メールで確認した、約束の書類が準備されていない

↑外国には、時差がある。

5、何でもOKと言ってくる割に、何も進まない。

↑NOって言われへんやろ。

まあ、これらは軽いジャブだ。

ある程度は、色々な事が有るんだろうと、上っ面だけの心の準備をして行くが、

そんなもの、ものの5分で粉砕されてしまう。

うーーッ、ばんッ!、

終ー了ー、みたいな、、

しかし、泣いてはいけない。

タイの場合、日系企業が一人の日本人を雇い労働ビザを取得する際、同時に4人のタイ人雇用が義務付けられている。

タイ人には申し訳ないが、実際1対4の能力差があると感じている。

面白いのは、ここからで、

日本人は、文句を言いながらも、タイ人の4倍の仕事をこなし、

タイ人から、流石ジャパニーズと崇められ、凄い人と慕われる。

上司からも、君は凄いと褒められ感謝され、給料も間違いなく上がる。

しかし、同時に身体や心が徐々に病んで、病院に行くと日本語の分かるタイ人医師が働き過ぎと診断をしてくれる。

ふざけるなッ、

あんたの国の人が働かないから俺が頑張っているんだ、、

と心の中に怒りを溜める、、

あッ、だから言ったでしょ、

興奮してはいけません。

そんな日本人をタイ人の仲間は、大丈夫ですか?とねぎらってくれる。

お前らのせいだッ、

と心で呟く奴は、十中八九、ストレスを溜め、その解消法として一杯ひっかけに夜の街へ足を運ぶ事になるだろう。

タイの凄いところは、そんなストレス君にも、皆優しいのだ。

流石、微笑みの国と言われているだけの事はある。

更に、日本の飲み屋(キャバクラ)に比べると、コストも4分の1程度だ。

ん?

やはり、4人分で1人分の仕事なのか、、

よーし、ならば飲んでやろう、、

頑張ったご褒美だ、

何が、働き過ぎだッ、

ふざけるなッ、グビグビーッ、

夜も長けりゃ、毎日微笑むタイランド。

やはり、このタイプは馬鹿なのか、

怒りに任せて、大概こんな感じで金を4倍使って自滅する。

タイ人は、4人でローテーションしてるから、無傷だ。

まして、彼らは常に、

マイペンライ=気にしなーい、

と唱えている。

流石は、仏教国である。

↓南無阿弥陀仏

おまけ、

4倍は、働きすぎ、2倍でも、やや働きすぎ、1.5倍ぐらいが丁度良い。

等倍だと、確実にバカにされます。

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

エルセーヌ

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。