海外事情、ミャンマー、600000台の車の向こう側

ヤンゴン、ミャンマー

今回の視察で改めて認識出来た事、

それは、、

この街の発展は目覚ましいと言う事。

しかし、スピードが少し減速気味で、

毎朝の渋滞がその事実を教えてくれる。

7年前、20、30年落ちの車1台が700万〜1000万円で取り引きされていた。

その頃は、ヤンゴン市内を60000台程の車が、我が物顔で、金持ち顔で、気持ち良く走っていた。

しかし、今や600000台。

誰も、気持ち良くない。

イライラしている。

無計画に、経済優先的に、人々の爆発抑制策的に、中古車輸入が解禁された結果だ。

そして、今や、中古車輸入は禁止である。

あるひと時、チャンスを与え、それを幾人かに掴ませる為に、誰かが仕掛けた、上へと続く道だったのであろうか。

軍政、アメリカからの経済制裁がまだまだ凄まじく、車が入って来なかった時代は通り過ぎた。

あれだけ高値で取り引きされていた車、と言うより、ナンバープレートの売買利権は無くなったに等しい。

(ナンバープレートの発行業務は軍人さん達の利権となっていたのだ。)

しかし、

月収8000円の庶民には、明後日の話しであり、

金持ちと軍人の話しだ。

人々の日常は、のんびりと牧歌的な雰囲気を残しているし、

足取りに重さが無い。

そう感じると、ミャンマー人に告げると、

ミャンマーは、お米大国ですから飢えたことがありません、と返答があった。

確かに、1960年代初頭、ミャンマーの米輸出量は世界第1位だった。現在は、7位。

なるほど、腹が減っていないのかぁ、、

道理で時間の流れがゆっくりと感じられるわけだ。

しかし、最近は、その時間の流れより、金の流れが極めて速くなっていて、

皆んなが付いて行けていない。

そんな印象が強く残った、今回のミャンマー出張だった。

また、直ぐに来る事になる。

次は、どんなミャンマーの横顔を見せてくれるだろうか、読者諸氏と共に楽しみに待って見ることにしよう。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です