海外事情、ウーバーに遭遇、ロシア第三報

前回までに、ロシアの良し悪し両極面をお伝えさせて頂いた。

さて、ちゃんと乗り継ぎできるのか、ストーリーを追ってみよう。

二人仲良くセキュリティチェックを通り抜け、多少の親近感を覚えたが、ここはまだ気を緩めてはいけない。当然のように、追いかけて来る。

そして、彼らから逃げ回ること5分、

残り、1時間10分

と、なったところで、

目の前に見覚えのある英語の綴りが飛び込んできた。

UVER

おぉーッ、

あるじゃないか。

こういうのを探していたのよ。

これで、何とか間に合うか。

君は、ウーバぁー?

胸に、誇らしくUberのバッチを輝かせている彼は最高の笑顔で私にこう答えた。

イエス、ウーバー。

その答えで充分だった。

長かった、これでようやく何とかなるか。

とりあえず、ミスターウーバーに国内線の乗り継ぎカウンターはどこだと聞いてみた。

すると、最初の兄ちゃんと同じアクションで右手を振り切り、

カマン、

と踵を返して、付いて来いの合図だ。

だから、それは、あかんのよ。

それじゃあ、さっきと同じじゃないか。

また、外か。

セキュリティガールが、睨んで見送ってくれる。

外気温、マイナス12度。

なぜか2度下がった。

歴史は繰り返す。

諦めた、、言われた通りに荷物をトランクに積み込み、急ぎ後部座席に乗り込むと、ドライバーは別人で、先に料金精算を済ませろと言ってくる。

先程は、ここでわけのわからない値段交渉となったが、今度は値段を聞いてみよう。

ハイ、ハイ。

ミスターウーバー、おいくらで?

US100ドルだ。

だから、ちゃんと、しようよ。

君らは吉本新喜劇か。とにかく彼らはUS 100ドルが大好きなようだ。

先進国でも100ドル払えば、かなりの距離走れるのではあるまいか。

国内線どこやねん。

もう時間が無い。一声で行こう。

50ドルだ。それ以上は払わん。とにかく、車を出発させてくれ。時間ないんよ。分かるかあ。

こちらの剣幕か、諦めたか定かでないものの、とりあえず前に進み出した。

通常、初めての国ではドライバーとの会話を楽しむことにしている。

しかし、この国では無理だ。気分と言うよりもドライバーはロシア語しかできない。

タクシーはまっすぐ進み、ドライバーはずっと電話している。

このまま、どこかに連れていかれるのか、という心配をよそに、2、3分進んだところで左に逸れた。

ん?

、Uターンかいッ。

酷い仕打ちだ。

そして、来た道をほぼ真っ直ぐに戻っていく。

まっすぐ行って、まっすぐ帰る。

なんと言う素敵な送迎だ。

10分のロス。

50ドルのロス。

多分、1階から4階へ、到着ロビーから出発ロビーへと送り届けてくれたのだろう。

とにかく到着だ。

残り、1時間ジャスト。

ドライバーが荷物降ろしを手際よく手伝ってくれたので、チップの代わりに日本のタバコをあげてみた。

メビウスを1箱。

するとどうだろう、ドライバーさんは、満面の笑みでサンキュー。続けて、俺は日本のタバコが大好きだ、と流暢な英語で話してくれた。

なるほど、、

↓南無阿弥陀仏

お布施

おもしろ日記ランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ


にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

会員数200万人突破のポイントサイト【ポイントインカム】

↑これでしょ? 最速ポイントサービス

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。