帰り道は、タイランド

ミャンマー出張の帰り道、タイ王国に立ち寄る事が多い。

まずは、王様の写真をどうぞ。

👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇

ミャンマーからバンコクへ戻ると、やはり安心感がある。

ミャンマーの如何ともしがたい現実とヤンゴンの忙しいさで、いささか荒ついた心と、毒虫に噛まれた身体の癒しを兼ねて、まずは、お寺に向かいます。

🙏🙏🙏

ミャンマーとタイを比べた時、いや、中心都市ヤンゴンとバンコクを比べたら、、

バンコクがかなり先を行っている。しかし、後を追うヤンゴンにも利はある。

山程やらかしたバンコクでの失敗(経験?)が生かされるから。

んー、やはりミャンマーの成長は速そうだ、、

さて、今回は、入国前から味を思い出してしまい、久しぶりにお気に入りのタイ料理屋に出かけることにした。

この店は、シーロムエリアのソイ.コンベン(ト)にある名店だ。

因みに、ソイとは、タイ語で、通り、路地、ストリートと言う意味で、

その路地にコンベン(ト)と言う名前がついている。

とにかく旨い。

おススメ!です。

この記事を読んで直ぐ出かければ、明日のランチに間に合うかも、、

タイ料理屋 

満足度満点でタイ料理屋を後にし、少し足を伸ばすと、

ここは、日本か、

と、思わず口にしてしまう超有名繁華街、ソイ.タニヤ。

夜の写真では刺激が強すぎる方もいるかもしれないので、昼間の写真を一枚進呈しておこう。

実はこのソイ.タニヤ、通りを奥に進んで、更に500m程進むと、先程のお寺に到着する位置関係。

その寺から、こちらを写すと、

こんな感じ👇👇👇

歴史的文化と近代文化の隣接がこの一枚から見て取れる。

タイ料理にタイのお寺、私には、もはや無くてはならない存在だろう。

今回改めてそんな事を感じたタイであった。

しかし、ミャンマーの帰り道だと、いつか抜かれてしまわないか、とても心配させてくれる不安定さが残るのもこの国の特徴だろう。

だから、私は、この国が好きなのかしれない。

↓南無阿弥陀仏

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。