海外事情、タイ王国、寝台特急、前半報告

今日は移動日、バンコクから630km、寝台特急に乗る予定。

出発予定時刻は、20:30分。

出発のフアランポーン駅へGO。

しかし、今日は金曜日で、今は夕方だ。

マシになったとは言え、バンコク名物の交通渋滞で、通常20〜30分の距離を2時間掛けて、

やっと到着。

フアランポーン駅。

夜なのと、時間が無いのとで駅の外観は撮れなかった。興味のある方は下記政府観光局のページへどうぞ。

ここまでの2時間、タクシーの中で食べ物臭(運転手からのニンニク臭)を嗅がされ、かなり疲れ気味。

20:30発の新型特急に乗る予定だが、既に20:10分。

列に並ぶ。

チケット売り場。(ここは、英語で大丈夫だった。)

チックタック、チックタック、、

ギリで窓口に、

笑顔で敬意を表して、サワディーカップ🤗

20:30発の切符を、、

有りませんッ。

と、瞬殺。

真顔でピシャッと、否定された。

なんか、怒られてるみたいだ。

これも旅の醍醐味なのか、、

では、21:30は?

普通の席は有りません。特別寝台がありますが、どうしますか?

やたら、真顔だ。

ここは波に乗ろう。はい、では、それでお願いします。

1200バーツ、10時間程の旅だ。

うーん、帰りは、飛行機を手配済みで1450バーツ、1時間5分。

面白いコスパになっている。

しかし、今回は文句無し。

一度、乗って見たかったのだ、寝台特急。

とにかく、チケットは手に入れた。

 

待合の様子と中央に鎮座する王様の写真。

やはり、ここでも大人気!

結構混み合う駅構内、中央の6割方を王様の写真で聖域として囲む。

それを平然と受け入れるタイの国民性が大好きだ。

今の日本では、もう無理だろう。

今少し、駅構内の情報を送ろう。

これがトイレ入り口。

タイのトイレは、利用料を払う場合が良くある。

入って直ぐ左に窓口があって、トイレットペーパーなども売っている。

ここの利用料は、3バーツだった。約10円

トイレの中も、後学の為と撮影を試みたが、iphoneが保存を拒むレベルで、アップ出来ません。悪しからず。

てか、俺の目の裏に焼き付いたおぞましい記憶をデリートしてくれ、、

そんな記憶を引っさげて退出すると、面白そうなものが、

これ👇👇👇

ガネーシャの、おみくじマシーンだ。

お金を入れて、出た数字の紙を読むのは日本とほぼ同じ。

と、寝台特急に乗る前に今日の報告が終了しそうだ。

続きは、明日に。

これに乗る。👇👇👇

↓南無阿弥陀仏

↓タイ政府観光局のリンク

フアランポーン駅

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

忙しい人に朗報!【便利な出前】ネットでらくらく注文♪

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。