不可思議事件簿、蝉の本音

夏の風物詩、

風鈴、スイカ、花火、桃、浴衣、そうめん、うちわ、、

賢人諸氏は、何を思い浮かべられるだろうか。

私は、蝉の声を聞くと夏が来たなと感じる。

ミーン、ミンミンミーン、シャーク、シャク、シャーク、さまざまな蝉の声が暑さを盛り上げてくれる。

やかましいが、顔が上に向く事が多いので、基本的に好きだ。

しかし、彼らの地上での一生は短い。

長い間、土の中でその時をじっと待ち、ここぞッと言うタイミングで、一夏の恋に身を焦がす。

詳しくは、知らないが、地中生活が3〜7年で、地上に出て2週間〜1ヶ月と言う短期間らしい。

中には、地中に13年、17年、と他の種類との交配を避けるかのように、素数年周期で地上に出るやつもいるらしい。

自然とは、生きるとは、繋ぐとは、なんと不思議でロマンチックな仕様なんだ。

そこで諸氏に問うてみたい。

“蝉の声”と”蝉の鳴き声”、どちらが正しいとお考えか。

もし、あのミンミンミーンが、鳴き声で、恋人探しに夢中ですと言うのなら、極めて素敵な話しだ。

ひょっとして、あのミンは、

ミン=好きだ

かもしれない。

生まれ出で、気合いと共に、

好きだ、好きだ、好きだーッ、

と、連呼!

なんと清々しい求愛であろうか。

来世は、是非私も蝉になってみたい。

しかし、もしあれが、鳴き声でなく、声であって、話しているなら様子が違う。

あのミンを、次に置き変えてみて欲しい。

ミン=暑い

あつい、あつい、あつーいッ、クッソ暑い、嗚呼、暑い、、

7年もの間、地中で我慢して、地上では、

ただただ、暑い、暑い、

と、連呼!

気の毒としか言いようがない。

よし、分かった、

明日は、蝉君達に”暑くない”と言う言葉を教えてあげよう。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。