不可思議事件簿、象とキリンと一角獣

私は、大型の動物が大好きだ。

私がタイに魅力を感じるのも象さん🐘がいるからだ。

(イメージ画像、お借りしました。)

タイでは、結構普通に道路を歩いている。(最近見なくなったが。)

進化論で、象の前がどんな生き物だったかは知らないが、鼻の短いやつだったに違いない。

皆さんご存知だろうか、インド象とアフリカ象の違いを。

様々違いはあるものの、

インド象は気性がおとなしく、飼い慣らして労役に向いているが、アフリカ象は気性が荒く、飼い慣らしが難しいとある。

人間世界でも住環境で性格が変わるから、これは理解できる。

しかし、鼻は? いつ、長くなったのか?

インドとアフリカに分かれてからではあるまい。

鼻が伸びてから、インドやアフリカへ行く事を決意し、行き着いた場所で、おとなしいやつと荒くれたやつに、変化したのだ。

キリンさん🦒も、いつからあんなに首が長くなったのか?

子供の頃からずっと考えている。

だからと言って、動物博士を目指した事など一度もないが、気になって仕方ない。

成せば成る。

困難に直面した時、象とキリンが私の心に冷静さを与えてくれる。

鼻、伸びました。

首、伸びました。

圧倒的な事実だ。

この事を考えると、何とかなる気がしてくるし、何とかなってきた。

先日、齢を重ねている親父の肩を揉んでやった。

すると、背中側、首の下辺りに大きなおできが出来ていた。(できもの、腫れものの類い)

痛くないか、と聞いてみた。

痛くはないらしい。

しかし、とにかく病院が嫌いな御仁故に、病院には行かないらしい。

病院に行くと必ず痛い事をされるから、絶対に行かないと、意思は固い。

墓場まで持っていくと、何やら格好をつけた言い振りをする。

それを聞いたお袋さんは、

そんなもん火葬場で焼いて無くなるから、墓場へは行きませんッ、

と、瞬殺。

極めて正しいご意見だ。

親父は無言だ、、、😑😑😑

ちょっと、可愛そうになったが、

待ってくれ。

私は、別角度からの意見がある。

私にも、首の後ろに小さい”おでき”があるのだ。

とにかく、私は親父に似ている。

昔、婆さんは、早くに死に別れた爺さんに似ていると、私の手を握っていた事も思い出す。

この、首の後ろの”おでき”も遺伝ではあるまいか。

ならば、何を願ってこんな物を大きく育てているのか。

背中に角の生えた一角獣にでも進化するつもりなのだろうか。

強いのか?

背中に一角、、、

んー、間違えて、

背中に、象の鼻みたいなやつが生えて来たら、間違いなく弱そうだ。

それに、今や服を着る時代、じゃまになりそうだなぁ、それ。

親父、やっぱり病院行ってくれ、頼む。

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。