不可思議事件簿、DNAと絶倫期

DNA

生まれると、多くの人や動物、物や経験に出会い、同時に多くのことを学ぶ。

次の世代に、より良い情報を届ける為に必要な事らしい。

加えて、様々な行いを善悪に分けるのも意味のある事らしい。

しかし、老齢期に差し掛かり、他人との交流が減り、日々の行いが自己完結となって来た時、、

要は、食う、寝る、遊ぶ、が繰り返され、インプットする情報が極端に減った時だ。

同時に、アウトプットの機会も失われて行く、、

何やら寂しくもあるが、現実だろう。

しかし、この老齢期にも僅かながら蓄える知識や思いは存在する。

皆が皆、墓に持って行く様では我儘過ぎて意味がない。

この辺の経験や体験は、如何に次世代に届ける仕組みになっているのか、、

あッ、ちょっと待て、待て、

学校の先生から、情報はDNAに集約されていると聞き及んだ事がある。

ならば、なぜ、

より多くの情報が溜まった状態になってから、生殖機能が全盛期を迎え無いのだろうか。

その方が、てっとり早く情報を伝達できそうだが、、

老齢期の男女が、涼やかな眼の奥に熱く込み上げる思いを滾らせて、競う様にパートナーを求め合う絶倫期があるとするならば、

如何な光景を見る事ができるのであろうか。

その方が、人生長く楽しく豊かに暮らせるんだろうか。

そうなれば、きっと女性は何某か、DNAを読み分ける力を身に付けて、男を値踏みするのだろう。

うッ、ちょっと怖いな、

仮に90年間溜に溜めたDNAを、あっさりと、

あかんな、コイツのDNAは、要らん、、と言われたら、

きっと、米寿(八十八)辺りを花道に死んどいたら良かったと思うかもしれない、、

一つ、そんな生き方を実践している生き物を紹介しよう。

読者諸氏は、鮎と言う魚をご存知だろうか。

別名、年魚とも言われ、生まれた年に死ぬ。

生まれた瞬間から、一心不乱に苔を食(は)み、身体の成長のみに熱き思いを滾(たぎ)らせて、

最後の、ひとときの、その行為に立ち向かう。

そして、その行為が済めば、後は、、野となれ山となれ、、

まさに、潔し。

DNAを想う時、

鮎の生き様に加えて、

必ず、象とキリンを思い出す。

願うって、凄い。

しかし、その鼻や首の長さも現在は、一旦止まっている様にも思える。

十分に伸びきったのであろうか。

が、

我我の身体は、その平均が毎年の様に伸びている。

ほぼ大人の体型が整う17歳でこの100年を比べて見よう。

2015年

女、157.9cm

男、170.7cm

1965年 (50年前)

女、154.8cm

男、166.8cm

1915年 (100年前)

女、149.1cm

男、159.7cm

ほー、

この100年で、

女性が、8.8cm

男性が、11cm

平均身長を伸ばしている。

間違いないッ!

ガキの頃、近所の柿や石榴(ざくろ)に手を伸ばした、

あの行為に意味があった事に驚きを隠せない。

為せば成るものだ。

もう少しで手が届くと努力を積み重ねる事の大切さを思い知る。

DNAを情報伝達装置とした時、背が高くなりたい、長生きしたいと思う、

その結果が、現在だ。

この後、300年もすれば、日本男子も平均2メートルを超えて来る計算だが、如何に、、

しかし、なぜだ。

うちの家系には、もう少しハンサムになりたいと願う奴がおらんかったんか、、

ふ、今更恨んでも、死ぬまでこの風貌は変わらない、諦める。

ふふッ、だが、DNAの絶倫期には今暫く時がある筈だ、磨いて置こうか、我が愛しのDNAを、、

↓南無阿弥陀仏

ホームページ作成サービス「グーペ」

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

世界中のお得な宿泊プランを検索【ホテルズコンバインド】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。