不可思議事件簿 法則

この世には数多くの法則がある。

物理や自然の法則、ビジネス界にも法則は山の様にある。

確かに法則は便利である。また、それらを考え出すために費やされた時間と努力は計り知れず、発見者の努力には敬意を表したい。

ちなみに、私のお気に入りは、e=mc2だ。どうよッ👺

何ーッ、

違うだろッ、

はい、スミマセン。

私の大好物は、巷の法則です。

では、行ってみましょう。

まずは、基本的なところから。

多くの方がご存知だとは思うが、我々ビジネスマンにとって最も大切な法則は、やはり営業の3対4対3だ。これは鉄則だ。

中には、蟻の法則2対8(2:6:2)にやたらとこだわりを持つ輩もいるが、所詮は他人ことだ。

しかし、私の経験の中で、最も感動する法則は、ニコイチの法則なるシロモノだ。

聞き慣れない方も多いかもしれないが、要はこういうことだ。

おん◯3人集まれば、必ず2対1になるという例のやつだ。

典型的な例を見てみよう。

便宜上、能力順に上から1番、2番、3番と番号をつけてみる。

この3人を一緒に働かせ、しばらく観察する。

すると、不思議なもので、必ず同じパターンに分かれ出す。

利害関係型:  1番と3番がくっついて、2番をやっつけるパターン。

このパターン、3番が主導している間は微笑ましいが、1番が3番を使い出すと嫌〜な感じに仕上がってくる。

協力体制型:  2番と3番がひっついて、とりあえず1番をやっつけてしまおうかと言うパターン。

この場合、問題が大きくなることはない、対処法は放置で構わないだろう。所詮1番の能力が高く、2番と3番がワーワー言っているだけだ。

特殊型:  1番と2番がひっついて3番をやっつけるパターン。

このパターン、発生頻度が非常に低いため、基本な対処法は放置で構わない。しかし、このパターンの唯一の難点は、イジメ型に発展することだ。

ちょっと厄介である。

対処法を誤ると、問題があらぬ方向へ進むため、早期発見と初期段階での対処が必要だ。

参考までに対処法をお伝えしておこう。このパターン、根本的な問題はグループが奇数人であることにある。従って、このグループにもう1人を加えることでしか問題が解決できない。

さあ、決断のときだ。

4人目下さい、と、懇願の稟議書の作成に入るか、

あなたが、4人目にとしてグループ参加するか、

いずれにしても、追い込まれているのはあなただ。

ポジティブに考えよう。あなたの決断で、ここに、また新しい法則が生まれようとしているのだ。

うーん、やはり、法則とは便利ではあるが、発見するのは難しいようである。

↓南無阿弥陀仏

お布施

おもしろ日記ランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

会員数200万人突破のポイントサイト【ポイントインカム】

↑これでしょ? 最速ポイントサービス

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

誤解の真実