衝撃事件簿、ヌーディストビーチ、中間報

彼女との海外旅行、普通ならそれは楽しい旅になる筈であった。

しかし今回は、ある雑誌の小さな記事のおかげで、篦棒(べらぼう)に楽しい旅になりそうなのだ。

キーワードは、ヌーディストビーチ、、

そ•れ•が、既に、目の前に迫っている。

加えて、単独行動も手に入れてある。奇跡かも、、

左足先は既にビーチの白砂を捉えているし、前へ踏み出す一足毎に心臓が口から出そうだッ。

ドッキン、バクッン、ドキドキドバキングーッ、落ち着けよ。

ハぁ、ハァ、ハぁ、、過呼吸気味だ、、。

時は少し戻るが、出発準備期間の後半戦、漁(あさ)りに漁って情報収集に相当の時間を費やした。

おかげで、情報バッチリ、アップデートさせてある。

今や、その努力の結果、目をつむれば、ここまでのイメージ力を確保している、👇👇👇

ウッバーン、素晴らしい。

このまま目を閉じて出発したい出来映えだ。

数日前までは、ただの空想に過ぎなかったイメージが今や具現化の極地に達している。

しかも、眼前には、この具現化イメージを超える現実リアリティーがあるのだ。

要は、ホンマもんのヌーディストが、俺を、オレを、おれを、、、

クー、早よ前に進め!

堪らんな、、、テクテクテク、、

さー、何処ですかな〜

憧れの〜、貴女(あなた)、

どこかな〜、、キョロリ、👀

キョロりん、

右、

左、

がーんッ、

ライフガード, 海, ビーチ, 青, 砂, 地平線, 砂のビーチ

誰〜れもいない海♪、、

ホンマか、おい。

ゼロ、ってどう言う事、、

チックタック、チックタック、

5分経過、

誰も来なーい。

時間だけが過ぎて行く。

残り20分強、、

誰か来るのか、、

一回、目を閉じて、心の中で、

ヌーディスト、ビーチ

見える、、

どうする、このまま瞑想するか。

頬には海風を感じるし、潮の香りも芳しい、、腰を下ろすと、尻に砂浜も感じ取れる。

はーぁ、気持ちは良い、、後は、目を開けるだけだ。

パッ、

しーん、、

やはり、誰〜れもいない、、

流石に、朝日に輝く南国のビーチ、この状況で一人で座っていても黄昏る感じもまたしない。

何か、起こりそうな期待感もあるな、、

ん、感じるぞ、確かに、感じる。

間違いない、、人の気配だ、、それも複数だ。

ザッ、ザク、ザック、ザ、ザック、、

近寄って来た〜、、

来たかついに、憧れの貴女、、

振り向くか、、

ダメだ、悟られてはいけない、木の様に、稲穂の様に、自然体で、、

完全に不自然に、海の遠くの一点を見つめる私の左側を、スタ、スタ、スタ、複数が通り抜け、、右、前方へ陣取られた。

ほー、やはり来たか。

しかし、私の違和感センサーが少し重めの足取りを聞き逃しはしなかった。

やはり本物だった我が聴力、、

現れたヌーディスト達は、👇👇👇

現役か、

いやね、いやホンマ、

あのね、

他には、おらんのかーッ。

↓南無阿弥陀仏

おまけ、

ザッッ、ザッ、(この辺にする〜)

キャハ、(もうちょっと、前にいこよう、、)

んんー、声が、わ、若い、

キョロ、えーッ、、、ホンマかあ、

つづく、

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

フリーライターランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

エルセーヌ

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。