ブラックリスナー

この季節、突然に、新人営業くんが、私の巣に迷い込んでくる。

今日も来たッ。

よーしッ、美味そうに、疲れ気味じゃないか。

ままッ、まずはこちらへ。

私は基本、飛び込み営業を拒まない。

どちらかと言えば好物である。

そして、必ずお茶を出すようにしている。

まぁ、飲んで。

名刺を頂いて、一通り挨拶を済ませたところで、考えた。

今日は、金曜日か、、、

よしッ、今日はこれを最後の仕事にしよう。

山田主任、私にもお茶お願い。(簡単な作業じゃないか。)

こちらは、日中の新人研修で疲れきっているのである。

金曜日の夕方に、エネルギーはあまり残っていません。

所詮、大したことが頭に残らない新人研修。なんで、あんなにパワポ資料をたくさん作らせるのかが理解できません。

挙句の果てには時間まで決まっています。

20分ッ、ですよ。

営業職ッ、すよ。

私に課せられたタイトルは、

「大先輩からの営業の極意。」

できるか、そんなもんッ。

まッ、そのストレスの発散対象として目の前に、新人営業君が、、、可愛そうか、

いやッ、彼に極意を授けよう。

うんにゃん、うんにゃん、だから、うんにゃんにゃーん。

ひと通り、喋りたいことを喋り終え、腕時計に目をやると、小一時間ほど経っていた。

新人くんも、バテている。

聞いてみる。

Are you OK?

大丈夫です。勉強になります。

よしッ、来た。

その言葉も、大好物。

そりゃ、そうさ、入ってきたのは君だからね。

まあ、待て、もう少しで終わる。

ここからは、15分ほど掛けて、営業の大変さ、今の苦労がいつか報われると締めのトークに盛り込んで。

言うときますけど、入ってきたのは君だからね。

まぁ、私も鬼じゃない。

1時間半の君の努力に、感謝の気持ちを込めて名刺を渡します。

きっと、彼の記憶の中に、飛び込み営業の真の怖さが芽生えたかもしれない。

そろそろ5月も終わる。

6月もまた誰か来るかなッ、

来て欲しいな、できれば金曜日に。

↓南無阿弥陀仏

お布施

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

言葉数

次の記事

10,000分の1を超える