海外事情、トイレに難あり 第一弾

私は仕事柄、海外行くことが多い。

さまざま、海外事情をお伝えしたいが、第一弾は、選りすぐりのトイレ事情を置いて他はない。

とにかく、凄いのである。

インドネシアでは、便器の蓋の上に、推測70cm、私の片腕程のトカゲ君が鎮座しておられた。

腹を下して、まさに、今、と、扉を開けた、その向こうに、である。

こっちも、必死のパッチだ。

鬼の形相で、アイコンタクト。

頼むッ、

ササッ、ーッ

逃げた。

ひょーッ、助かった。

でも、何処行った、毒のある奴か。

いかんッ、

第三波だ、うッグッ、痛ッー。

とにかく、しゃがんだ。

って、こんな情報を送りたい訳ではない。もっと、真剣な、切実?な情報だ。

まずは、全体像の把握から行こう。

特に、女性には分かりにくい男性トイレの話しも多々あるので、丁寧に行きたい。

大概に置いて、男性トイレは、用をなすための小便器が横一列にずらりと並んでいる。所によっては、例外的に壁一面が小便器という場合もある。

分かるだろいか。横に並び出会い、軽い会釈や手刀を切って、お邪魔しますと心で囁き、一歩前へ。

これが、紳士のたしなみと、言ったところで、ご婦人達にはわかるまい。

話しを戻そう。

まずは、カナダ、オーストラリアといったイギリス系の国の事情をお伝えしたい。

まず、彼らは相対的に日本人よりも背が高い。

ここから、イメージを膨らませていただきたいが、用をなす時の位置も高いのだ。

様は、小便器の位置が高いのだ。

私は割と背が高い方なので何とかこなせるが、小柄な日本人であれば間違いなく、イチモツの双玉が、その受け皿に乗ってしまう高さなのだ。

うーん、これはやばい。

すでに機は熟しきっている。

順番待ちが、背中にプレッシャーをかけて来る。

いざッ、前へ踏み出し、

否ッ、

あるじゃないか、低めのそれが、左右の端に。

安堵と共に、経験則が語り掛けて来る。

殿、あれは子供用じゃ、、、

さあーッ、どうする。右も左も、進退窮まった。

えーい、進むがままよ。

大人用だ。

皆さんは、武士道というのは、ご存知であろうか。

その昔、名のある剣豪は相手と対峙する時、その踵(かかと)を地面につけなかったと云う。

まさに、今、用を足すその御仁は、武士そのものだ。

柳生新陰流か、美しい。

異国人も皆、見惚れている。

頑張れ、もう一振りだ。

この様に、一つのお国の事情でこの文字数となる。伝えておきたい事情は山のようにある。しかし、それは次回以降のお楽しみとさせていただきたい。

海外で戦う全ての人に

↓南無阿弥陀仏

布施業

にほんブログ村 その他日記ブログへ

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

10,000分の1を超える