誤解の真実

最近やたらとモテるらしいじゃない。

はぁ??

こないだいっしょに飲んでた美女、あれは、だれかな〜?

何です?

ま、こんな誤解なら、いつでも来いでウエルカムだ。いわゆる、トキメキの誤解に分類されるだろう。

見間違いであろうが、勘違いであろうが、誤解であろうが、構うこたあない。彼らの想像力のままに、それを楽しむまでだ。

しかし、最近度々受ける相談に、誤解されるのが怖いんです。耐えられないんです。気になって、仕事に集中できません。というのがある。

気持ちはよくわかる。

しかし、無理だ。

一旦、限定的な情報で誤解したやつに、新しい情報与えてもなかなか処理してもらえない。

やめと、け。あきらめるんだね。

私のアドバイスは、単純だ。

この世の中に、誤解ほど数多く存在するものはない。真実はたった1つしかないのに、である。

私は、いつの頃からか、誤解を解くことに、時間を費やさなくなった。

誤解は誤解、所詮は、限定的な情報の産物でしかない。

加えて、そんなつもりで言った分けじゃないと、一番厄介な感情まで説明しようとしてドツボにハマって行くのが落ちだ。

誤解恐怖症の諸君、感情を言葉で説明しようとしても無理よ。

よくもまあ、そんな風に誤解しますなぁ、と他人事にしてしまうのが最良です。

私は、基本、変態と自覚しており、ある意味、誤解も好物なジャンルに入れてある。

私に言わせれば、誤解ばかりしているやつは、真実を解き明かせないバカヤロー達と言うことになります。

そうは言っても、1つ厄介なこともあります。

それは、彼ら罹患する病が、思い込み症候群と言いたい言いたい病だからです。

個体差はあるものの、大体が同じような症状で、目をキラキラ輝かせて、知ってる知ってる、と繰り返したり、聞いて、聞いて、と菌を撒き散らすと言う、独特の症状を発症するのです。

残念ながら、現代の医学でもこれに効く薬は開発されていません。

なので、もう一度言います。

無理です。諦めてください。

放置プレーが、最良の特効薬だと思われます。

かく言う私も、いまだに苦手な誤解があります。

それは、

土曜日、デカイの当てたらしいなあ。

これは、やばいです。

この誤解は、ただではすみません。

必ずいろんな人が、さまざまな症状で近寄ってきます。

金欠病に、タカリ癖、禁断症状のやけのやん八がオケラ街道真っしぐらだ〜、と突っ込んで来るんですよ。

恐怖の誤解です。

だから、当ててません。当たってません。当たってれば、もっと笑ろてますやん、と言ったところで、、

あぁーッ、なんか、今の言い方、ますます怪しいなぁ。

どうです、皆さんもわかったでしょ、無理なもんは無理なんです。

↓南無阿弥陀仏

お布施

おもしろ日記ランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

会員数200万人突破のポイントサイト【ポイントインカム】

↑ポイントめっちゃ貯まる。

フォローすると微笑が届きます。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。