海外事情、バリ、ロンボック島、エピローグ

海外事情シリーズは、読者諸氏に私が体験した生の情報を真面目に届けるというのがコンセプト。

しかし、バリ、ロンボック編は、少々ストーリーに走りすぎたかもしれない。

それだけ、おとぼけ3人衆のキャラクターが愛おしいのだ。

さて、バリ島での残り二日は、民族舞踊見学、お寺などの観光名所巡りで、あッと言う間に過ぎて行き、既に最終日。

空港へ向かうバスの中では皆無口だ。窓からの景色も何やらもの悲しく映る。

旅は、始まる前が一番楽しい。

旅の途中は、非日常という時間に支配され、心も体もハイテンション。決して、冷静ではいられない。

冷静な人は、決してミサンガを200本も買ったりしない。

やはり、脳がハイテンションなのだろう。

読者諸氏、本当にありがとう。

なんとか、バリ、ロンボック編をまとめられた。

ちなみに、ハジメとB子は、あの後しばらくして別れたらしい。

やはり、ロンボック島の風が、心をハイにしたのだろうか。

まあ、私の腹痛病が無ければ、あそこまで仲良くムフムフしたかどうかは分からないが。

さて、ゲーリーとネゲーロとして先週世間を騒がせたA子と私。

その後も、2年間、何とか東西600kmの距離の壁を愛という心の勘違いで乗り切ったが、肉体と財布が疲労困憊。

そろそろ、終わりにしようか。

どちらかともなく、寂しい会話を、

じゃあね、

そうだな、

と、締めくくった。

楽しいロンボックの思い出も、その後も、その前も、二人で過ごした時間は記憶の中に仕舞いこんだ。

が、

トゥルルルッ、トゥルルルッ、

ガチャッ、はい、

あッ、A子です。

数週間後、A子からの電話で、もう一度会ってから別れたいと誘いがあり、

中間地の名古屋駅で落ち合うことにした。

よ、久しぶり。

極めて、冷静を装って見たが、少しぎこちなかったか知れない。

さすがに、この時点では、この先、思わぬ展開が待っていようとは、誰が予測できたであろうか、、

 

↓南無阿弥陀仏

お布施

おもしろ日記ランキング

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

にほんブログ村

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX

ドメイン無制限!国内最速・高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

会員数200万人突破のポイントサイト【ポイントインカム】

↑これが、トップが勧める最速ポイントサービスだ!

Follow me!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。